スポンサーリンク

葬儀別の割合と最も多い費用体

お葬式の知識
この記事は約4分で読めます。

両親も高齢なので、そろそろ葬儀の準備をしておきたいと思っている方も少なくありません。特に費用がどのくらいかかるのか気になるところです。

葬儀費用の状況

参照元:鎌倉新書【お葬式に関する全国調査結果発表 第3回】

終活関連サービス会社の鎌倉新書が過去2年以内に葬儀をした約2千人に聞いた2017年お葬式に関する全国調査では、葬儀費用(お布施を除く)の全国平均は約178万円でした。

2年ごとの調査で13年の平均は約203万円、15年は約184万だったので、簡素化や小規模化傾向にあるようです。ただし、費用は地方によって異なります。

多額なのは中部(平均209万円)や関東(同約194万円)で、少ないのは近畿(同約165万円)や九州・沖縄(同約157万円)となっている。ただしこれは、葬儀の形でも異なるので目安としてください。

葬儀の形

葬儀の形で最近増えているのが、身内や親しい近親者のみで送る家族葬です。15年調査で31%だったのが、17年調査では38%に増加しました。

従来の一般葬は53%。通夜は無く告別式だけの一日葬は4%、火葬だけで送る直葬は5%でした。

家族葬は地域のつながりが希薄な都市部で増えていて、例えば東京都では42%を占め、一般葬の43%とほぼ同じ割合にまでなっています。

背景にあるのは、高齢化や核家族化です。高齢の夫婦だけの世帯や単身者の急増で、参列する親族や友人らが少なくなっていることや、送る家族を年金暮らしで費用を抑えたいとなどの事情があるとみられなす。

葬儀はどこで行ったか?

葬儀・お葬式を行った会場については、「葬祭場・葬儀会館」が86%と最も多くなりました。次いで「宗教施設(寺・教会・神社)」7%、「自宅」5%と続きます。葬儀専門の会場を選ぶ割合が非常に高い結果となっています。2017年の調査時とすると3年経ち、今はほとんどが葬祭場・葬儀会館で御葬式は行われています。

重要なのは事前の葬儀社選び

どんな形の葬儀にするにしても大切なのは葬儀社選びです。この鎌倉新書の19年の別の調査では、一般葬で約7割、家族葬で約6割の喪主が「葬儀後に情報収集不足などで後悔した経験がある」と答えています。

亡くなった後からではどうしても慌てて決めてしまいがちになります。事前に複数の葬儀社から内容や費用などの説明を受け、遺族側の要望にも親身になって応えてくれるところを選んでおくことが大事です。

それが、いざという時にあわてないで、迷わないでスムーズにお葬式が執り行えることになります。

近年の「終活」ブームによって、ご自身やご家族によって事前準備を行う方が増えています。早めに備えることで、いざという時に失敗することもなく、価格も抑えられて安心です。

そんな要望に応えてくれるのが、当サイトで紹介している「よりそうのお葬式」です。事前に資料請求や見積依頼ができて、専門のオペレーターが親身になって対応してくれます。

また、葬儀費用を全国平均の半分以下にカット!できるのが「よりそうのお葬式」です。「よりそうのお葬式」では、高額な物品費用を適正化することで品質を落とさず費用を安くしました。

例えば、花の祭壇の原価が5万円とすると、一般の葬儀社は50万で販売する事例もあり、高額な価格設定が見られることがあります。

これは、葬儀社の都合によりお葬式の特性上、稼働時間が安定することがないため、一件ごとのお葬式の単価をあげることで、未稼働時間のコストをまかなっているのです。

葬儀社の稼働時間の調査では、全体の30%程度と言われています。70%は稼働していない、未稼働時間ということになります。これでは、未稼働時間のカバーをするためには一件ごとのお葬式の単価をあげずにはいられません。

「よりそうのお葬式」は、維持費のかかる斎場は自社で持たずに、インターネットを窓口にすることで、余分なコストを削減し費用を抑えることができるのです。

お葬式を担当するのは、「お葬式のよりそう」独自の審査基準を満たした信頼できる全国のパートナー葬儀社です。また、地域に密着した葬儀社なので、地域のしきたりや習慣に詳しいスタッフもおおく在籍していますので、安心して任せられます。

是非、「よりそうのお葬式」にパソコン・スマートフォンで訪問されてご覧ください。特にご利用されたお客様の声をご覧いただくと満足度は一番です。

また、NHKをはじめ多くのマスコミでも紹介された「よりそうのお葬式」ですから、信頼度も抜群といえます。

タイトルとURLをコピーしました