スポンサーリンク

お葬式のマナー「弔事の装いの基本マナー」

お葬式の知識
この記事は約3分で読めます。

遺族の正式礼装と一般会葬者の略式礼装

ここでは、通夜・葬儀の時に装う、遺族の正式礼装と一般の会葬者の略式礼装を紹介します。なかなか具体的に教えてくれる人もいないので、見よう見まねで装っている人が多いのではないかと思います。

日本のお葬式のマナーの一つになりますが、従来の和装は近年見かける人が少なくなり、洋装の方が多くなっているようです。

正式な喪服は本来、遺族が着る

喪服は、もともと喪に服する人、つまり遺族だけが着るものでした。現在では、死者に対する礼儀として、あるいは死を悼み悲しむ気持ちをあらわす式服として、葬儀に参列する人は喪服を着ることが一般的になっています。

遺族が着るもの、という本来の意味を考えると、通夜はもとより告別式に参列する一般会葬者の立場なら、地味な服装であれば喪服を着る必要はないのです。

とはいえ、ほとんどが通夜に参列する一般会葬者も喪服を着ることが多くなっています。

遺族や近親者の場合は、通夜・葬儀・告別式を通じて正式礼装で臨みます。一般会葬者は、それよりも格下(準礼装・略式礼装)の装いにします。

 

正式礼装とそれに準じた準礼装の違いにも注意が必要

女性の場合は、洋装では黒無地のオーソドックスなワンピース、スーツ、アンサンブルが正式礼装です。

透ける生地や光沢のある素材は避け、襟元がつまったデザインで、長そで、スカートはひざ下丈、たたみや板敷きの床でも座りやすい服装にします。

バッグや靴は布製が正式ですが、つやのないシンプルなものであれば革製でもかまいません。

故人の近親者でも若い人の場合や、一般会葬者として葬儀や告別式に参列するときは、準礼装でもかまいません。靴やバッグ、アクセサリーやメイクなどもマナー違反にならないよう注意しましょう。

和装では黒無地染め抜き五つ紋付きが正式な礼装です。半えりと足袋は白ですが、それ以外、帯や帯揚げ、帯締めなどの小物はすべて黒にします。(現在では和装の礼装は少なくなています。)

洋装と和装では格の上下はありませんが、正式な喪服(正式礼装)は喪主、遺族、世話役代表など喪家側が着るもの、一般参列者は準礼装が基本です。

男性はブラックスーツの着用が一般的

男性の喪服の正式礼装は、洋装ではモーニングコートですが、最近は、喪主をはじめ、遺族や近親者から一般会葬者まで、通夜・葬儀・告別式を通じてブラックスーツを着用することが多くなっています。

ブラックスーツは慶弔どちらでも着られるように考えて作られた日本独持の礼服で、略礼服とされますが、現在では準礼装として扱われています。一般的な黒のビジネススーツとは違い、漆黒でデザインもオーソドックス。上着はダブルでもシンプルでも格は同じです。ズボンのすそは、シングルに仕上げます。

一般会葬者は、通夜・葬儀・告別式と、略礼装のダークスーツでもかまいません。

なお、男性の和装の正式礼装は、黒羽二重染め抜き五つ紋付きの羽織に、仙台平のはかま、帯は角帯を締めます。羽織のひもはグレーか黒にします。たびは黒か白、ぞうりの鼻緒は黒です。扇子は持ちません。

お葬式マナー「弔事の装いの基本マナー」まとめ

お葬式の装いにも、細かいがマナーがあります。老若男女問わず日本のお葬式のマナーに沿って進めましょう。

タイトルとURLをコピーしました