スポンサーリンク

お葬式のマナー「供物や供花の贈り方基本マナー」

お葬式の知識
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

供物・供花を贈る

通夜、葬儀の祭壇などに飾る供物や供花の贈り方のマナーについて紹介しています。

お葬式の祭壇に飾る供物、供花の贈り方

供物・供花は喪家と関係の深いときに贈る

死者の霊を慰めるために霊前に供える品物を、供物、花を供花(供花)といいます。

葬儀の祭壇に飾る供物は地域によっても違いますが、故人や喪家とかかわりの深い場合に贈ることが多いようです。品物は仏式では果物、干菓子類などで、葬儀社に依頼して供えるのが一般的です。

自宅に供物を贈る場合は、仏式ではろうそくや線香などが一般的ですが、故人が好きだった菓子などを贈ることもあります。(※香を供物として贈るのは仏式の場合のみ。神道やキリスト教の相手には贈らない。)

供物は弔事用の包装に不祝儀のかけ紙をし、表書きは「御霊前」「御供物」として、水引きの下に贈り主の氏名を書きます。

花輪や生花は喪家に問い合わせを

供花には花輪や生花などを贈ります。会場の外に並べる花輪は会社や団体が贈ることが多く、祭壇の脇に飾る生花は親族や故人とかかわりの深い友人などが贈ることが多いようです。

会場によっては花輪や生花が並べられないこともあるので、贈りたいときは、まず喪家や葬儀の世話役に問い合わせをしてからにします。そのうえで、葬儀をとり仕切って葬儀社に依頼します。

自宅に供花を贈る場合は、生花店などに供花であることを伝えて、お悔やみにふさわしい花を選んでもうらいます。

供花の代金の支払い

葬儀社を通じて花輪や供花を手配する際には、代金と支払方法の確認を必ず行いましょう。喪主がまとめて葬儀社に支払う場合も多いので、その場合は、白封筒に代金を入れて通夜や葬儀の際に持参し、喪主か世話役に手渡します。

 

タイトルとURLをコピーしました