スポンサーリンク

お葬式のマナー「仏式の拝礼・焼香の作法」

お葬式の知識
この記事は約2分で読めます。

仏式葬儀の抹香焼香の仕方、数珠の使い方のマナー

何となく、聞いたり真似をして葬儀に参加している人も少なくないと思います。正式な仏式での拝礼の作法を紹介します。

通夜、葬儀・告別式での抹香焼香

仏式の通夜、葬儀・告別式では抹香による焼香が行われるのが一般的です。(抹香とはgoo辞書より:シキミの葉・皮を粉末にして作った香。仏前の焼香に用いる。)

焼香は邪気をはらい、霊前を清め、その香りを霊にたむけるためのものです。宗派により多少の違いはありますが、基本を覚えておくと安心です。

抹香は右手の親指と人さし指、中指の3本で軽くつまみ、目の高さまで捧げてからおろし、静かに香炉にくべます。

回数は宗派によりますが、参列者が多い場合は1回でもかまいません。焼香後は静かに合掌し、遺影、遺族、僧侶に一礼して席に戻ります。

回し焼香と線香による焼香

会場が狭い場所等には、盆にのった香炉と抹香を参列者に順番に回して焼香する、回し焼香が行われることもあります。基本は抹香焼香と同じです。

回し焼香は、寺での法要などでも行われことがあります。また、通夜では線香を供える場合もあります。線香はろうそくで火をつけ、炎は手であおぐか、線香をすっと引いて消します。息を吹きかけて消すのはタブーなので気をつけましょう。

線香は香炉の奥のほうから立てます。浄土真宗では線香は立てずに、香炉の幅に合わせて折、横に寝かしておきます。

仏教に欠かせない数珠のマナー

数珠は念珠ともいい、仏事に欠かせない仏具の一つです。数珠の珠は108個にするのが正式で、仏事に合掌拝礼しながら、百八つのけがれた心を祓うためのものです。

二重にして持つものを「二輪念珠」、数を半分にしたものを「単念珠」といいます。現在では珠の数や種類には、あまりこだわらなくなっていて、短いもののほうが一般的です。

数珠は宗派によって種類や用い方に多少の違いはありますが、会葬には自分の宗派のものを持参してかまいません。

持参するときは念珠入れなどに入れ、使わないときには左手に持つか左手にかるかします。

どんな場合でも畳みや椅子の上などに、じかに置いてはいけません。なお、神式やキリスト教式の通夜、葬儀には持参しないのがマナーです。

タイトルとURLをコピーしました