スポンサーリンク

お葬式のマナー「不幸の知らせを受けたときの対応」

お葬式の知識
この記事は約2分で読めます。

危篤の知らせや訃報を受けた時のふるまい方について記載します。危篤の連絡を受けたとき、死亡の連絡を受けたとき、訃報を受けてもすぐに弔問できないなど、色々なケースがあります。

それぞれのケースに合った対応が必要になります。参考になりますので最後までご覧ください。

危篤の連絡を受けたときの対応

危篤を知らせてくるということは、意識のあるうちに一日でも会ってほしい、と考えてのことです。連絡を受けたらできるだけ早く駆けつけます。

そのためには、連絡を受けた際に、どこに駆けつけたらよいのか、しっかりと確認しておきます。病院であれば病院の所在地はもとより、病室の番号や電話番号なども聞いておきます。

駆けつけるときはふだん着でかまいませんが、ジーンズなどのカジュアルすぎる服装や、派手な服装は避けます。遠方から駆けつける場合、万一を覚悟して喪服の用意をすることもあります。喪服は駅のコインロッカーに預けたり、後から来る人に託すなど、先方に失礼にならないようにします。

死亡の連絡を受けたときの対応

死亡の連絡を受けたときは、故人との関係によって対応の仕方が変わります。

肉親や近親者、特に親しい友人の場合は、いつ、どこで亡くなったのか、故人にはどこに行けば会えるのかなどを確認し、すぐに駆けつけます。喪服を用意して地味な平服で出向きます。

一般的な友人・知人の場合は、すぐには弔問をせず、通夜や葬儀の日程、場所などを確認し、通夜に弔問します。

訃報を受けてもすぐに弔問できないときの対応

訃報を受けても、すぐに弔問できない事情がある場合は、代理の人を立てて通夜か告別式に参列してもらうか、弔電を打つ、手紙を送るなどの方法で弔意を伝えます。後日、電話で弔問できなかったことを詫び、先方の都合を確かめて弔問します。

遠方に住んでいたり、やむをえない事情で弔問できない場合は、できるだけ早く香典を郵送します。香典は、不祝儀袋に入れて現金書留にし、喪主宛に送ります。不祝儀袋は水引きが印刷されたものでもかまいません。

簡単なお悔やみと参列できないお詫びの手紙を同封します。

遺族への電話は控える
遺族以外から連絡を受けた場合、不明な点を聞きたいと思ったり、お悔やみを述べたいと思っても、取り込み中の遺族に直接電話をかけるのは控えます。メールでの連絡やお悔やみも、相手が読める状況かどうかはわからないのでできるだけ避けます。どうしても、お悔やみの気持ちを伝えたいのであれば「返信は不要です」というひと言を添えましょう。
タイトルとURLをコピーしました